コメントする

これからの太陽光発電。

太陽光発電が普及していくであろうとされる今後、太陽光発電はどのようになっていくのでしょうか。

まずはより高性能で低価格、つまり安いのにいい!太陽光発電システムの導入です。

補助金などの制度により、太陽光発電をしようと考える人が多くなった一方、企業争いもすさまじいものとなっています。

どの企業がよりよい太陽光発電システムを、低価格で提供できるかの熾烈な争いがおこっています。

つまり、今後はこんな企業が増えていくということです。

もっと効率よく太陽エネルギーを電気に変え、もっと太陽光発電を手軽に家庭に導入できるようになる日も、そう遠くないと感じます。

しかし、やはり天候に大きく左右されてしまうので、発電力はどうしようもありません。

自分の家の電力をすべて自分の家でまかなうといったことができるよう、様々なシステムが考えられています。

今は蓄電ができないのがデメリットでもありますが、それを電気自動車などに蓄電し、次の日に使うなどといったことも考えられています。

そうすると、毎日売っていた電力の収入はなくなりますが、必要な分は自分の家で発電し、余ったものを売ることも可能となるでしょう。

無駄な電力は一つもなく、地球にもお財布にも優しいとてもエコな発電方法となるでしょう。

地球全体がこのシステムを導入すると、日照時間や気候などにもよりますが、1年分の電気をほぼ数時間、数分でまかなえるのではないだろうかと感じます。

太陽にはそのくらいの光とエネルギーがあるからです。

そして太陽には限りがない、そこが大きな要素でしょう。

太陽光発電が普及していくことにより、多くの人が電気の大切さを知り、今よりもっと節電を考えるでしょう。

自分たちの電気を自分たちでまかなうということは、自分たちが無駄遣いをしたら困るのは自分たち、では、もっと電気を大切にし、無駄を減らす策を考えるに違いありません。

計画停電や、節電対策のお願いなどよりもっともっと効果的な節電対策になるでしょう。

そんな生活を世界中の人々が行うと、原子力発電の恐怖におびえることもなく、また新しい日本になるのではないでしょうか。

たくさんTVを見たければ、その分こまめに節電をする。

あたたかいご飯や、お風呂に入りたければ、その分TVを減らす。

昼間電気を使わなくてもいいように、外でたくさん遊ぶ。

人間にとって大切なことが、この太陽光発電には隠されているのではないでしょうか。

幸い、補助金の制度もあります。

売電という契約もあります。

人生で大きな買い物にはなるでしょうが、人生で大きな財産にもなるのではないでしょうか。

いつもどんな時でも太陽は必ずエネルギーを発しています。

太陽と人間が協力することが、よりよい未来へ繋がるのです。

よりよい地球の未来のために、自分たちの手でまずは一歩踏み出すことが大切なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*