コメントする

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットは、①電力は自然の力で作ることができる。②足りない電力のみ、電力会社から買うというシステム。③余った電力は電力会社に売ることができる。④地球にやさしい。⑤停電などの際にも自立発電できる。などといった点があります。

①    電力は自然の力で作ることができる。

電力は自然の力で作ることができるので、なにか特別なことをしたりしなくても大丈夫です。

爆発や地震などの恐怖を感じる必要はありません。放射能などの有害物質もないので体への影響もありません。

②    足りない電力のみ、電力会社から買うというシステム。

普段は昼間に蓄電した電力で生活をし、夜間足りなかった分や、雨や台風の日、くもりの日などの分は電力会社から買うといったシステムです。電力会社から買うのは必要な分だけなので、使っていないのに払わなくてはならない!などといったことはありません。

電力メーターが2つあるので、それで確認することができます。

③    余った電力は電力会社に売ることができる。

余った電力、使わなかった電力は電力会社が買い取ってくれます。

電力会社で買った電力が5000円分だったとして、電力会社へ売った分が10000円だったとすると、5000円分が収入となるのです。

それが12カ月、1年間あったとすると約60000円の収入となります。

毎日なにもしないでほっておいているだけで、少しずつですがお金がはいってくるのです。これこそ太陽光の最大のメリットではないでしょうか。

④    地球にやさしい。

太陽のエネルギーのみを使用して電力に変えるため、とても地球にやさしいエネルギーです。

月の光でもわずかに蓄電ができるのもお得感ですね。

⑤    停電などの際にも自立発電できる。

これは、普段は売ったり買ったりしている電力を停電の際は自分の家の電力だけでまかなう、といったものです。

太陽光発電を自立発電に切り替え、自分の家の電力を自分の家の発電でまかなうので、必要最低限、暖房器具、電子レンジなどは使えるようです。

あまり大きな電力使用だと、自分たちの家の電力だけではまかなえないので、気をつけるべき点です。

このように、太陽光発電には様々なメリットがあります。

実際、震災が起こった際にも、停電をしたので自立発電に切り替え、携帯の充電や、暖房器具や電子レンジなどが使えたという例もあるのです。

電力会社に頼った生活だと、この停電の際などが一番困ることでしょう。

電気もつかない、充電もできない、心細く寂しい気持ちになりますね。

太陽光発電はその切り替えができるので、非常時には大変役に立つことでしょう。

そもそも全員が太陽光に切り替えた際には、計画停電なども必要がなくなることでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*